下ごしらえに便利な調理器具

アタッチメント別の食材加工

ブレンダーは、つぶす、混ぜる、切る、滑らかにするといった様々な加工が可能な便利調理器具です。
複数のアタッチメントが付属しており、刻んだり、泡立てたり、といったことも可能になったマルチブレンダーも人気が高まっています。
マルチブレンダーには、基本となる「ブレンダー」、刻む、砕くといった機能を持つ「チョッパー」、「スライサー」、泡立てる「ホイッパー」といったアタッチメントが付属しているので、1台で様々な加工が可能です。
例えば、「ブレンダー」では、ハンドブレンダーで押さえつけるように稼働させることで、ボウルに入れたジャガイモをマッシュポテトにしたり、鍋に直接差し入れることもでき、火を通したカボチャを素早くにポタージュスープに仕上げることができます。
手で加工するよりも短時間で、滑らかに仕上がります。

料理の下ごしらえも短時間で

回転する刃の付いた「チョッパー」は、フードプロセッサーと同じ、刻んだり、こねたり、といった機能を発揮します。
アタッチメントを「チョッパー」に付け替え、乱切りにした玉ねぎを入れて稼働させれば、みじん切りが瞬時に完成です。
稼働時間を短くすれば荒めに、長めにすれば細かいみじん切り、と、仕上がりも調整できます。
肉や魚のミンチ、餃子のタネづくりなども手を汚さずにできるのがうれしいですね。
「スライサー」は、様々な薄切加工が可能なので、手間のかかる下ごしらえを短時間で済ますことができます。
「ホイッパー」はそのものずばり、生クリームの泡立てやメレンゲ造りに。
また、ホットケーキの生地を混ぜる時に使うと、ダマも残らない滑らかな生地に仕上げることができますよ。