おすすめリンク

ih対応のフライパンを長持ちさせるコツ

ih対応のフライパンを長持ちさせたい方必見!人気のフライパンを口コミから探してみました

下ごしらえに便利な調理器具

片手で扱えたり、ボウルや鍋に挿入することで、つぶしたり、混ぜたりの加工ができることから、ハンドブレンダーはお料理好きには手放せない便利アイテムになっています。 アタッチメントを取り換えることで、混ぜる、つぶす、等の他にもみじん切りにしたり、泡立てたりと、マルチに使えるブレンダーも多く発売されています。

多様化するブレンダー

食材を刻んだり、つぶしたり、混ぜたりする調理器具には色々なものがあります。
ミキサー、ジューサー、フードプロセッサー、そしてブレンダー。
違いが判らない、という方も多いと思います。
どの様な加工をしたいか、という目的によって使い分けがされています。
例えば、ミキサーは、大きなガラス等でできた容器の下部分に刃がついており、モーターでこの刃を高速回転させることで細かく砕く仕組みになっています。
そのパワーは氷を砕けるほどです。
食材をドロドロの状態にしたり、粉末にすることが可能です。
スムージーやソース、ふりかけなどを作るのに向いています。
ジューサーは野菜や果物を圧力をかけて潰し、水分と繊維質の部分を分離する機能を持っています。
スムージーの様に繊維質もまとめて滑らかにするのとは異なり、100%ジュースの様に、サラサラとした舌触りの良いジュースを作るのに向いています。
フードプロセッサーはミキサーに近い形をしていますが、刃の部分は付け替えることができたり、モードを切り替えることで、食材をスライスしたり、刻んだりと、加工方法を変えることができます。
食材を液状にするのではなく、細かくするという加工方法なので、料理の下ごしらえに使われる調理器具です。
包丁で切るよりも短時間での加工が可能です。
そして、ブレンダーですが、上記3つの器具の中ではミキサーと同じ機能を持っており、英語圏ではミキサーの事をブレンダーと呼んでいるんです。
ミキサーとは日本だけの呼び方なんです。
調理中の鍋に挿入して混ぜる、つぶす、などができる手持ちタイプのハンドブレンダーも多く見かけるようになり、人気が高まっています。
日本ではブレンダーというと、ハンドブレンダーを指すことが一般的になっています。

ブレンダーの賢い使い方

マルチブレンダーの場合、アタッチメントが様々な機能を発揮してくれるので、人気が高いです。 つぶす、混ぜるだけでなく、砕く、刻む、切る、泡立てる、といった機能が一台で可能になるため、加工の幅が広がり、料理のレパートリーを増やすことにも一役買ってくれるんです。